代表プロフィール

  • 代表取締役吉岡 沙織Saori Yoshioka

    福岡県北九州市出身
    一般社団法人 日本メイクアップ技術検定協会(JMA)一級認定講師


    1. Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL卒業
    2. 同校 常勤講師
    3. 学校法人岩谷学園アーティスティックB専門学校にて教育カリキュラムマネージャー
    4. ヒューマンアカデミー・ベルエポック美容専門学校・ヴィーナスアカデミー非常勤講師 メイクアップ各講座。
    5. 学校法人 滋慶学園 東京放送芸術&映画俳優専門学校、
      その他にも多数の専門学校で講師活動。
    6. 以上、講師の傍ら、テレビ・映画の現場で数多くのヘアメイク経験を積む。
      平成18年、オフィスヨシオカ設立 現在に至る。

「メイク楽しそう!」
そんな気持ちだけで、
福岡の田舎からメイクの世界へ

実は親にはナイショで、「メイク楽しそう!」と感じたままに、メイクの専門学校に申し込みました。
そのままメイクを学ぶ楽しさにハマり、卒業後は同校で20歳で講師に。
23歳のとき上京し、横浜で講師の職を得て、東京にも進出。講師の傍ら、夜はセットサロンで、休日はテレビ・映画の現場で多くの現場経験を積みました。

そんな日々の中で心がけたのは「与えられた機会を生かす」ということ。
チャンスはそうありません。
一瞬で「この人と仕事したい」と思われるかどうか。
そのために、出来ることは何でもやりました。

ヘアメイクの最先端の技術習得に限らず、
断られるのがあたりまえの電話営業、講師としての集客活動、
就職率100%を得るための講座や就職サポートなどなど。
ヘアメイクアーティストとして
通常はやらないことも、一生懸命にやりました。
その気持ちが、今のオフィスヨシオカの仕事への姿勢になっています。

ですから、オフィスヨシオカの対応範囲は、ブライダルメイク専門サロンとして、お客様に美しいヘアメイクを施すだけでなく、丁寧なカウンセリングや環境づくりまで、お客様が目にするものしないもの全て。
松濤・六本木に独自のサロンをご用意し、お客様によりご満足いただけるために、出来る事は何でもやる!という気構えで臨んでおります。

ヘアメイクの価値は、
お客様が決める

メイクを学んだり教えたり、現場で施すうちに、メイクの技術は奥深いことに気が付きました。
それは、1ミリで人が変わると言っても過言ではありません。
若返りメイクを目指していても、一歩間違えると老け顔メイクになってしまうこともあります。
そのくらいメイクの技量は大切だということ。

でも、最先端のヘアメイク技術を身に付けていれば良いというわけではありません。

メイクには傷や痣をつくったり消したりするものもあり、流行の美しいとされるヘアメイクが正解というわけではありません。
相対するお客様の理想とする美しさを引き出して、何よりお客様自身がご満足されなければ、ヘアメイクは全く意味をなさないと考えています。

ですから、お客様の幸せな笑顔をつくるには、私たちの心の余裕が必要。
そのため、私たち自身も美しくあるように心がけております。
そしてこれからも、お客様にとって価値あるヘアメイクをご提供していきたいと思います。